日本酒の美容・健康効果

MENU

日本酒の美容・健康効果

日本酒には100種類以上の機能成分が含まれています。
血管を詰まりにくくして動脈硬化や脳卒中、心筋梗塞などを予防する効果や
ストレスを解消したり心を鎮めたりする効果もあります。
さらにすでに化粧品や美容パックなどに商品化されているように、日本酒には大きな美容効果もあるのです。
ここでは日本酒の美容・健康効果について情報提供します。

 

1つ目は「美白・保湿作用」です。
日本酒に含まれるコウジ酸にはメラニン色素の生成を抑える働きがあることから、
美白効果が期待できます。
日本酒を飲まない場合には肌に塗ることでも、美白効果が期待できます。
また製造過程で作られるアミノ酸には水分と結合する性質があることから、
肌の角質細胞に潤いを与え保湿する働きがあります。

 

2つ目は「抗酸化作用」です。
日本酒には「フェルラ酸」と呼ばれるポフェノールの一種である成分が含まれています。
このフェルラ酸の強力な抗酸化作用は、
シワやたるみを予防しシミなどの色素沈着を抑制する効果があります。

 

3つ目は「冷え性改善・肩こり解消」です。
冷え性も肩こりも原因は同じで、
血管が収縮することで血液の流れが悪くなることで起こります。
日本酒に含まれる「アデノシン」には血管を拡張させたり
血液循環をよくしたりする働きがありますので入浴やマッサージと同様、
筋肉のコリをほぐし毛細血管の働きを活性化してくれます。

 

4つ目は「生活習慣病予防効果」です。
日本酒は「糖尿病・がん・心臓疾患・ストレス・うつ病」など、
生活習慣病の予防効果があると言われています。
特に注目されているのは、日本酒に含まれる抗酸化物による動脈硬化の予防です。
日本酒にはこうした美容・健康効果が期待できますが、
飲み過ぎると逆効果になることを忘れないでください。

 

梅田で宴会するなら、居酒屋は大きな個室があるところを利用しましょう!