日本酒を使ったかき氷

MENU

日本酒を使ったかき氷

夏は冷たく冷やした冷酒が美味しい、そんな季節ですが、冷酒よりもさらに冷たさを追求した日本酒を紹介します。
それは日本酒を使ったかき氷です。

 

普通のかき氷よりも、ほろ酔い加減で大人の夏を満喫する事が出来ます。
実は日本酒を使ったかき氷は、探せば全国各地にいろいろあります。
そんな一部を紹介していきます。

 

例えば京都の甘味処では、ふわふわのかき氷に甘酸っぱい梅酒をかけたかき氷が人気です。
あと、厳密には日本酒ではありませんが、酒粕をシロップにしたかき氷もあります。
酒粕の甘さがシロップとしての役割を十分に果たしてくれますし、さらに甘さを足したいなら練乳もかけて食べて下さい。

 

酒粕のかき氷だけでも美味しいのですが、さらにそこに日本酒の「ふなぐち菊水一番搾り」をかけて食べます。
「ふなぐち菊水一番搾り」は、辛口ですが後口が非常にフルーティな香りなので、かき氷にかけて食べる事で、喉ごしが最高です。
ちなみに酒粕と日本酒はどちらも、新潟の蔵元「菊水酒造」の商品です。
菊水酒造では、酒粕のかき氷だけでなく、酒粕を乳酸菌で発酵させた「さかすけ」を使ったかき氷メニューもあります。

 

日本酒を使ったかき氷は、アルコールなので、子供は注文する事が出来ませんし、大人も食べた後に車の運転はNDです。
ですがかき氷で身体が冷え、氷がチェイサーの役割も果たしてくれる事で、意外と日本酒を飲むように酔っぱらう事はないようです。

 

他にも、日本酒メーカー黄桜は「お酒のシャーベット シャリッと」という商品を販売しています。
パッケージごと冷蔵庫に入れて凍らせて食べる、まさに大人のかき氷と呼べるでしょう。