居酒屋で楽しむ焼酎の甲・乙・混和

MENU

居酒屋で楽しむ焼酎の甲・乙・混和

居酒屋ではロックや水割り、カクテルのベースとして人気の高いアルコール飲料である焼酎には、
酒税法上で定められている2種類と業界内の自主基準として設定された1種類、合わせて3種類あります。
その3種類とは、一般的には甲類焼酎・乙類焼酎・混和焼酎と呼ばれているものです。

 

甲類焼酎は「連続式蒸留焼酎」と言い、
連続式蒸留機で何度も蒸留を繰り返したアルコール度数36度未満の焼酎です。
原材料には最も広く使用されている蜜(サトウキビから砂糖を精製する際に生じる粘り気のある黒褐色の液体)をはじめ、
大麦やトウモロコシなどが使われています。

 

原材料を何度も蒸留することで高純度のアルコールが取り出されますので、
甲類焼酎は無色透明でクセがありません。
そのことから酎ハイ・サワー・カクテル・果実酒などに利用されます。
また糖質も脂質も含有量がゼロで低カロリーですし、悪酔いすることはほとんどないとも言われています。

 

乙類焼酎は「単式蒸留焼酎」と言い、
「単式蒸留機」と呼ばれる蒸留機で1〜2度の蒸留で造ったアルコール度数度45度以下の焼酎です。
原材料には米・麦・さつま芋・そば・ゴマ・黒糖などのほか、栗・ふきのとう・しそ・人参などさまざまなものが使用されます。
単式蒸留機の構造はシンプルですから、
アルコール以外の香味成分も抽出されて原材料の風味や香りが焼酎に残ります。

 

混和焼酎は甲類焼酎と乙類焼酎を混合したもので、
ブレンドすることで甲類のクセのなさと乙類の香りや風味といった特長を活かしています。
本格焼酎の香りやクセはちょっと苦手、甲類焼酎では物足りないという人にぴったりな、
味わいと香りの焼酎に仕上がります。
新宿ならこちらの個室居酒屋もおすすめです