日本酒の酒器の形状

MENU

日本酒の酒器の形状

居酒屋やお家で日本酒を飲むとき、皆さんはどんなことにこだわっているでしょうか?
お酒そのものの銘柄や温度も重要ですが、実はお酒を注ぐ酒器も日本酒の味に大きく関わっているのです。
今回は、そんな日本酒の酒器の中でも形状に注目しながら美味しく飲むポイントを見ていきましょう。

 

皆さんが日本酒の飲むときに最もよく使うものといえばお猪口ではないでしょうか?
お猪口は親指と人差し指をくっつけたときにできる円程度の飲み口で、底も浅いのが特徴の酒器です。
漬物や酢の物といった付け合わせの料理を入れる小鉢として使用していた器が、お酒にも利用されるようになったのです。

 

少量ずつしかお酒を入れることが出来ないため、たくさん日本酒を飲みたいという人にとっては物足りなく感じるかもしれません。
しかし、本来日本酒は少しずつゆったりと味わうお酒です。

 

お猪口を用いることで飲むペースがダウンし、日本酒が持つ香りや味わいをじっくり楽しむことが出来るというメリットがあります。
お猪口よりも少しだけサイズが大きくなった酒器をぐい飲みといいます。

 

お猪口に比べて底が深いため、飲みやすい日本酒を料理とともにいただくのにピッタリです。
お猪口やぐい飲みに注ぐ前に用いられる酒器としては、徳利がその代表といえるでしょう。

 

徳利は、日本酒を入れた状態で冷却や加熱が簡単に行えるというというのが嬉しい点です。
量は多くても2合程度となっており、これは1日における日本酒の適量と同様です。
飲み過ぎを予防したい人は、徳利に入っている分だけをゆっくり味わうようにしましょう。

 

日本酒で居酒屋を決めるならほのか ‐Honoka‐ 所沢店