日本酒の酒器の材質

MENU

日本酒の酒器の材質

日本酒を美味しくする要因としては、日本酒そのものの質や提供される場所、おつまみなど様々なものが考えられます。
お家で飲む日本酒と自宅で飲む日本酒は味が違うと感じたことはありませんか?

 

お店と自宅ではもちろん雰囲気も違いますし、提供しているお酒そのものも異なることが多いでしょう。
しかし、それ以上に違いが大きいポイントとしてちゅうもくしていただきたいのが酒器です。

 

お客にお酒を提供する居酒屋では、酒器にもこだわりを見せています。
今回は、素材に注目しながら日本酒と酒器に関して詳しく見ていきましょう。

 

日本酒の酒器としてよく使われるのが陶器です。
陶器に入れて飲む日本酒は、他の素材の酒器よりもまろやかな口当たりになるといわれています。

 

陶器を触ったときの感触を思い返してみると、柔らかいながらも指に吸い付く感じがしますよね。
この感触が日本酒へダイレクトに温度を伝えるため、冷酒や熱燗にも最適なのです。

 

枡などの木材を用いた酒器の特徴は、なんといっても木の香りと温もりです。
木の感触は触っていて気持ちよく、舌触りも非常に滑らかです。

 

日本酒の熟成には樽が用いられることもあり、木材と日本酒はもともと非常に相性が良いのです。
木材を用いた酒器はほのかに香る木の匂い日本酒の風味が融合し、他の酒器では感じられないような味わいを演出します。

 

最近では、グラスで日本酒を飲むという人が増えてきました。
グラスで飲む日本酒の魅力は、日本酒が持つ爽やかな風味が引き立てられるという点です。

 

見た目にも涼しいですし、飲み口もヒンヤリとしています。
最近話題の日本酒カクテルも、グラスの涼しげな口当たりのおかげで美味しさがさらにアップしている部分もあるのです。

 

日本酒がおすすめの居酒屋はこちらhttps://gifu-yui.com/