グラスで焼酎を美味しく飲む

MENU

グラスで焼酎を美味しく飲む

焼酎を飲むとき、グラスに注いで飲むという人が多いと思います。
居酒屋やレストランなど、最近では様々な飲食店で焼酎を堪能出来ますが、そういったお店でも焼酎はグラスで提供しているところが多いのです。
焼酎は蒸留酒の一種です。

 

蒸留酒は時間とともに変化する味わいを楽しむお酒でもあるため、ウィスキーやバーボンのようにグラスで飲んだ方が美味しさを強く感じられるのです。
焼酎をさらに美味しく飲むためにも、グラスの種類についての知識を蓄えておきましょう。
焼酎はストレート以外にも様々な飲み方を楽しむことが出来るお酒です。

 

寒い季節になると、お湯で焼酎を割るのが美味しいですよね。
そんな焼酎のお湯割り専用のグラスが売られていることをご存知でしょうか?
硝子よりも熱に強く、お湯で割った焼酎を入れても手に伝わる熱の量は控えめになっています。

 

手をやけどすることなく焼酎のお湯割りを飲みたいという人はぜひお試しください。
焼酎の炭酸割り、いわゆる焼酎ハイボールを楽しみたいというときは、縦長のグラスをおすすめします。
縦長のグラスは炭酸が抜けにくく、焼酎ハイボールの醍醐味であるシュワシュワとした飲み口を長時間キープ出来るのです。

 

焼酎そのものの美味しさを強く感じたいという人は陶器グラスで焼酎を飲んでみましょう。
陶器は日本酒を飲む際にも使われます。
お酒の口当たりがまろやかになりますから、芋焼酎や麦焼酎といった香りの強い焼酎を飲む際には、口に入れたときの感触が柔らかく変化し飲みやすさを演出してくれるのです。

 

陶器グラスは様々な飲む方に対応していますが、おすすめはやはりストレートです。
焼酎独自の香りが引き立つだけでなく、旨味を絶妙に引き出してくれるのです。
お気に入りの焼酎グラスとともに、美味しい焼酎を楽しみましょう。

 

焼酎と和食がとても美味しい居酒屋がはこちらです。http://www.chokochoko.jp/