地域による日本酒の味の違い

MENU

地域による日本酒の味の違い

日本を代表するお酒といえば日本酒です。
最近では海外でも高い評価を得ている一方で、国内の日本酒消費量は昔に比べて減っています。

 

そんな現代においても日本酒は日々進化を続けており、地域ごとの味の特徴が際立っています。
今回は、日本酒をさらに美味しく飲むために知っておきたい地域ごとの味の性質について詳しく見ていきましょう。

 

北海道の日本酒は比較的淡麗で辛口のものが多い傾向にあります。
これは、北海道でよく食べられる魚介類の美味しさをさらに引き出すためです。
辛口でありながら飲む安いため、日本酒初心者の方におすすめです。

 

東北で造られる日本酒の特徴は爽やかな香りと辛さが強調された口当たりです。
喉越しがスッキリとしているため、濃い味付けの料理とよく合います。

 

岩手県では濃厚な日本酒も製造されているため、同じ東北の日本酒を飲み比べてみるのも良いでしょう。
関東地方は日本の中心にあり、各地域の日本酒の味わいが複雑に絡み合っているのが特徴です。
群馬や栃木といった北部では甘口が、神奈川や千葉では辛口の日本酒がよく造られています。

 

それぞれの特産品に合うように改良されていますから、ぜひ日本酒と一緒に召し上がってください。
北陸と中部地方は昔から米どころとして知られている地域が多く、淡麗なものから濃醇なものまで様々な味の日本酒を楽しむことが出来ます。

 

特に、南アルプスから来る綺麗な水を使った長野県や富山県の日本酒は、舌触りが心地よい仕上がりになっているのです。
居酒屋などの飲食店はもちろんのこと、最近では通販などでも日本酒が販売されています。
自分の舌に合った一杯をぜひ探してみてください。

 

日本酒がおすすめの居酒屋は隠れ家 個室 ダイニング 陣-ZIN- 川崎東口駅前店です。