西日本の日本酒

MENU

西日本の日本酒

九州や四国、近畿といった地方を代表するお酒といえば焼酎を思い浮かべる人が多いかもしれません。
確かに西日本は昔から焼酎の製造が盛んに行われてきましたが、美味しい日本酒もたくさん揃っているのです。

 

今回は、西日本で造られている日本酒の味わいについて詳しく見ていきましょう。
関西地方は天下の台所と呼ばれた大阪を筆頭に美食文化が栄えてきました。
食が栄えるということは、それに合わせるお酒も当然美味しいものが求められます。

 

関西の名物料理を考えてみると、塩分の含有量が高く塩辛いものが多い傾向にあります。
この美味しさをさらに引き立てるために、関西地方では甘口の日本酒が好んで飲まれるようになったのです。

 

香りの豊かさと味の奥行きをしっかりと感じられるため、お米そのものの美味しさが際立っています。
その中でも京都の日本酒は繊細な味わいが特徴で、美しい水と伝統的な製法による日本酒造りが現在でも行われているのです。
中国地方も関西と同様に甘口の日本酒がよく見られます。

 

日本海側では毎年降雪がありますから、その雪解け水が日本酒に利用されています。
雪解け水による日本酒は口当たりが優しく、甘口の味わいとも相まって非常に飲みやすいのです。

 

鳥取や広島では淡麗な味わいの日本酒が多く、杜氏の優れた技術によって高品質な日本酒造りが行われています。
四国の日本酒は全体的に淡麗な味わいが強い傾向にあります。

 

北海道などと同様に海に囲まれていますから、四国地方の人たちは魚介に合うような日本酒を昔から飲んできました。
九州は焼酎造りの方が盛んな地域ですが、確かな味の日本酒を毎年のように生み出しています。

 

山地が多く湧き水に恵まれているため、これを活かした淡麗な味わいの日本酒が多く製造されています。
一方で焼酎を彷彿とさせるような豊かな香りの日本酒も存在するのです。
日本酒好きの皆さんには、ぜひ西日本の日本酒も飲み比べてみることをおすすめします。

 

日本酒で居酒屋を決めるならこちらhttp://hamamatu-takumi.com/