種類を知って日本酒を美味しく飲む

MENU

種類を知って日本酒を美味しく飲む

料理の美味しさを決めるものは味や香りだけではありません。
例えば、今食べている料理に使われているお肉が高級なものであることや、
どのような調味料を使っているのかが分かっていれば、ゆっくり味わうように食べますよね。

 

すると、その料理の美味しさが自然と舌に伝わってくるのです。
このように、料理に関する知識があれば、それをさらに美味しく食べられるのです。
お酒に関しても同様のことがいえます。

 

今回は、日本酒を美味しく飲むために知っていただきたい日本酒の種類について見ていきましょう。
私たちが普段飲んでいる日本酒は、清酒と呼ばれるものです。

 

清酒はお米の精米歩合やアルコールの添加具合によって分類されます。
日本酒の製法で有名なのが吟醸造りというものです。
この製法で造られた吟醸酒は精米歩合が60パーセント以下で少量のアルコールが添加されているのです。

 

精米歩合が60~70パーセントのものを本醸造酒といいます。
50~60パーセントのものが大吟醸酒です。
精米歩合の数値は、削り取られたお米の大きさを示しています。

 

つまり、精米歩合5パーセントだと、お米のうち5パーセントの部分だけを用いて日本酒が造られているのです。
お米は中心に行くほど香りが高いため、精米歩合の小さな日本酒ほど香りが強い傾向にあります。

 

日本酒の香りと皆さんが想像する匂いも、精米歩合が小さいほど強く感じられるのです。
つまり、香り重視で日本酒を飲みたいときは、精米歩合の小さなお酒を選択すると良いということになります。

 

日本酒のもう1つの区分が純米酒であるかどうかです。
純米酒とはアルコールを添加していない日本酒のことを表します。

 

純米酒でありながら吟醸造りで造られているなら純米吟醸酒という区分になるわけです。
居酒屋などで日本酒を飲む際には、日本酒の種類に注目して飲んでみましょう。
日本酒が美味しいお店ならこちら。http://shibuya-f.net/