古酒や生酒を楽しむ

MENU

古酒や生酒を楽しむ

皆さんがよく飲んでいる日本酒は清酒と呼ばれる製法に基づいています。
お米の香りが豊かでありながらスッキリとした飲み口で、これぞまさに日本酒といった風味を感じられるお酒のことです。

 

しかし、日本酒の種類はそれだけではありません。
日本で昔から飲み継がれてきた日本酒のさらなる美味しさを体験したいという人は、生酒や古酒に注目してみましょう。

 

生酒とは、日本酒の製造過程の一つである火入れをしていない日本酒のことです。
火入れとはその名の通り発酵した日本酒に火を加えて雑菌などを排除する工程です。

 

この工程を経ているからこそ、時間が経っても品質が変わることなく、居酒屋やスーパーで日本酒が振る舞われています。
しかし、火入れを行う前と後では日本酒の風味が変わってしまうのです。
火入れは長期間保存させるための工程です。

 

物流が発達した昨今では、この火入れを省いた生酒を楽しむことが可能なのです。
生酒は火入れをしたものに比べて香りや味が爽やかになっており、ソフトドリンクのような飲み口が魅力です。

 

蔵元によっては通信販売などによってお取り寄せできることもありますから、興味がある人はぜひ飲んでみましょう。
古酒とは日本酒を年単位で熟成させたお酒のことをいいます。

 

熟成させることで色や風味に変化が生まれ、通常の日本酒よりも濃厚で豊かな味わいを楽しめるのです。
大吟醸酒を熟成させると軽快でありながらお口の中で花開くような香りの古酒が生まれます。

 

濃厚な味付けの料理と非常に相性が良いため、日本酒好きの方にはぜひ一度お飲みいただきたいお酒です。
焼肉とお酒が楽しめるお店といえば恵比寿 焼肉 うしみつ