焼酎に入れて飲みたいもの

MENU

焼酎に入れて飲みたいもの

焼酎のお湯割りや炭酸割りなど、〇〇割りにして楽しむ人は多いと思います。
では何かで割るのではなく、焼酎に入れる事で美味しくなるモノについて、いくつか紹介していきます。
 

 

まず焼酎に入れるモノの定番として「梅干し」があります。
梅干しを入れる事で、塩味が加わり焼酎が美味しくなります。
また梅干しには、胃や肝臓を鍛える作用があるため悪酔いを防ぐ効果があると言われています。

 

梅干し以外に焼酎に入れるとオススメなのは、「すりおろした生姜」です。
チューブの生姜でもいいのですが、やはりすりおろした生姜を使った方が香りと風味が楽しめます。
そして生姜独特の味が焼酎と相性がよく、口当たりや喉ごしがよくなります。
それに生姜は身体を温める作用があるため、寒い冬にお湯割りにした焼酎にするおろした生姜を入れると、身体が内側からポカポカと温まります。

 

他には、コミックの深夜食堂で紹介されて、注目を集めたのが、焼酎に千切りキュウリを入れる飲み方です。
焼酎に千切りキュウリなんて合うの?と思う人もいるかもしれません。
千切りキュウリを入れる事で、焼酎のクセがなくなるため飲みやすくなります。
また普段はキュウリの香りはあまり気にしない人が多いでしょう。
ですが、焼酎にキュウリを入れる事で、不思議とキュウリの爽やかな香りに気づくようになります。

 

最後にグラスの底に残ったキュウリは、パリッと冷えておつまみにもなり、夏らしい焼酎の飲み方だと言えるのではないでしょうか?
他にも入れると焼酎が美味しいモノは、いろいろあります。
いつもと違った風味や味わいを楽しみたい人は、ぜひ試してみて下さい。