日本酒を使ったカクテルについて

MENU

日本酒を使ったカクテルについて

ビールの苦味て苦手という人でも、ビールを使ったカクテルであれば、味に丸みが出て飲みやすくなります。
それと同じように、日本酒だけではちょっと苦手という人でも、日本酒を使ったカクテルであれば、飲みやすくなります。
日本酒を使ったカクテルで、少しづつ日本酒の美味しさを発見出来れば、気付けば日本酒好きになっているかもしれません。

 

では日本酒を使ったカクテルのポイントと、お勧めのカクテルを紹介します。
まず日本酒と割りモノの比率は、1:1をベースにしましょう。
そうする事で、日本酒は飲みやすくなりますが、同時に日本酒の味もしっかり残るので、バランスの取れた味になります。

 

日本酒の発泡酒もすでに発売されているので、初心者なら日本酒のソーダ割なんてオススメです。
女性であれば、旬のフルーツと日本酒、そしてクラッシュドアイスを入れると、季節感のあるカクテルが完成します。
日本酒にも旬があるので、旬のフルーツと旬の日本酒で、季節を楽しんで下さい。

 

そしてカクテルにするのだから、どんな日本酒でも構わないという訳ではありません。
むしろ美味しいカクテルを飲みたいのであれば、ベースとなる日本酒は、美味しい日本酒を選ぶべきです。
特に、キレがある純米酒や本醸造酒がカクテルとの相性がいいと言えます。

 

では次は、日本酒を使ったカクテルをいくつか紹介します。

 

「サムライ・ロック」はカクテル名からして、日本酒らしいカクテルです。
清酒にライムジュースを加えた日本のオリジナルカクテルですが、外国人にも人気の高いカクテルです。
ライムジュースを入れる事で、甘さが加わり、飲みやすさとスッキリ感が楽しめます。

 

「緑茶割り」
日本酒も緑茶も和テイストな味なので、合わない訳がありません。
グリーンティーのような味わいと、日本酒の風味の相性がよく、お寿司などの和食の際に食中酒としてオススメです。