日本酒や焼酎に合うつまみ

MENU

日本酒や焼酎に合うつまみ

日本酒や焼酎を飲む際は、
純粋にそのお酒の味を楽しむのもいいですが、
お酒に会うつまみを用意することで、
お酒をより美味しく飲むことができるようになります。

 

おつまみの種類はお酒によって変えたほうが良いといわれており、
相性の良し悪しを知っているだけでも、
普段飲んでいるお酒も、より美味しいものにすることができます。

 

日本酒や焼酎を良く飲んでいるという方は、
ぜひそれぞれに合うおつまみについて知って、
日本酒と焼酎のより深い魅力に触れてください。
日本酒や焼酎に飽きてしまったという場合は渋谷のリーズナブルなイタリアンでワインというのもありかもしれませんね。

 

日本酒に相性が良いといわれているおつまみは、
味が塩辛いものが多いといわれています。

 

いわゆる渇きものは定番のおつまみとしてスーパーなどでもよく売られていますが、
するめなどは特に日本酒に合うといいます。

 

それ以外だと海の幸との相性が良いといわれており、
おつまみの人気ランキングを参考にすると、
たこわさやイカの塩辛、辛子明太子などが上位にランクインしています。

 

日本酒が塩辛いものとの相性が良いといわれているのに対し、
焼酎は甘みがあるものがおつまみに向いているといわれています。

 

特に芋焼酎や麦焼酎は、アルコールの刺激が強いので、
口当たりがやわらかいもののほうが美味しく感じるそうで、
九州の特産品として知られる芋焼酎は、
調理段階で砂糖を加えるさつま揚げや
豚の角煮がおつまみに使われているそうで、
人によってはかりんとうなどのお菓子をおつまみにしています。

 

最近は日本酒や焼酎にも洋風のおつまみを合わせる方が増えています。
カルパッチョやピクルス、ソーセージにグラタンなど、
今までは考えられなかったおつまみも、
食べてみると意外と相性が良いといいます。

 

普段から日本酒や焼酎を飲むという方はもちろん、そうでない方も、
色々なおつまみで日本酒と焼酎を堪能してみてください。